年に120冊本を読むボクのお得な読書法。誰でもすぐ始められる耳読とは

こんにちは、ケイユーです。

ボクは昨年1年間で約120冊読書しました。

ちなみにボクは普通のサラリーマンだです。

そんなボクがオススメする、あなたも簡単にできる読書法を紹介します。

 

耳読とは

 

耳読とは、耳で聞く読書のことだ。

一般的にはオーディオブックと呼ばれるもので、専用のコンテンツが販売されている。

 

ボクも使用している代表的なサービスがこの2つだ。

audiobook

audible

 

しかしボクが今回紹介するのは、通常の電子書籍(kindle)を使った耳読書の方法だ。

 

スマホでkindleの電子書籍を耳読書する方法

 

通常の読書は、同時に他のことをしながらというのに向いていない。

なぜなら、目が字を読むことに専念するからだ。

 

そのことはつまり、読書だけに時間を捧げる必要があるということで、

ボクも含めて社会人や家事に追われる主婦には、読書に使える時間に限界がある。

 

耳読はこの難題を解消できる素晴らしいものだ。

https://twitter.com/funlife23181319/status/1394175108680282113

 

耳読したいが書籍としても欲しい

 

一方で、耳読書用のコンテンツでは通常の読書は出来ない。

目で読み返したい場合は、別に紙の本か電子書籍を購入する必要がある。

これは費用が掛かるのであまり多くは購入したくない。

 

そんな悩みを解消する方法が、kindleの電子書籍をAlexaアプリで聞く方法だ

 

kindle電子書籍をAlexaアプリで聴く方法

 

Alexaアプリで耳読書する方法は簡単だ。

Alexaアプリをスマホにインストールするだけだ。

すると、スマホがあればいつでもどこでも耳読書ができる。

 

まずは、App store及び、Google play storeでAmazon Alexaで検索する。

インストールして、アプリを開くとこの画面になる。

この画面で再生スピードも変更することができる。

水色のアイコンをタップするか、『アレクサ』と呼びかけて、

『2倍速で再生して』といえば良い。

ボクは常に2倍速で聴いている。

新書程度の文字数だと、読み終えるまで通常再生で約10時間程度かかるが、

2倍速だと、約5時間程度で読み終えてしまう。

あとは画面下部の『再生ボタン』を押して、自分のkindleコレクションから読み上げる本を選択すれば良い。

またこのアプリの特徴は、なんと言ってもバックグラウンド再生ができることだ

スマホで他の操作をしていても、聴き続けることができる。

例えば車を運転していて、スマホでカーナビを使いながら耳読書が出来たりする。

 

通勤時間やウォーキングの時間を読書時間にする。

ボクは車通勤なので、通勤時や日課のウォーキング時などは必ず耳読書をしている。

通勤時間は往復で約3時間程度なので、新書程度の本だと約2日間で読み終えることが出来てしまうのだ

すると、月に10冊程度は難なく読めてしまう。

Amazon Fireタブレット、ECHOを使えばもっと簡単に聴ける

ただしスマホアプリで聴く場合は、外で聞く場合が多いので、イヤフォンが必須だ。

家の中で聴く場合は、Amazon Fire タブレットやEchoを使えばもっと簡単に聴くことができる。

『アレクサ、〇〇を読んで』と言えば、読み上げてくれる。

あなたの利用シーンに合わせて、聴き方を変えればさらに読書がはかどるはずだ。

まとめ

ボクは長らく通勤時はテレビをボーッとしながら見ているだけが多かった。

しかし2年前から耳読書をするようになり、人生が大きく変わったと感じている。

誰であっても1日24時間であることに変わりはない。

耳読書はあなたにとっても人生を豊かにする方法だと感じられるはずだ。

最新情報をチェックしよう!