iPad pro 12.9インチ2021年モデル購入記

  • 2021年6月13日
  • 2021年6月17日
  • PC他

2021年5月にiPad pro 12.9インチを購入しました。

約1ヶ月使用した感想を記したいと思います。

 

iPad pro 12.9インチ 2021年モデル購入

Processed with VSCO with c1 preset

ボクが購入したモデルは、以下になります。

iPad pro

2021年モデルのiPad proは、2021年4月30日21:00に予約開始で5月21日発売でした。

なんといっても、M1チップ搭載モデルということでボクは買う気マンマンで予約日を迎えたが、ストレージ容量をなかなか決めないでいたのです。

結局22:00頃に、決意を固めて購入しようとしたが、発送予定日が何と7月1日となっている。

どうやら人気がありすぎて、在庫が無いらしい。

 

それでも仕方がないので、ポチった。

 

Apple store受取は発売当日だった

 

その後、何とかしてもっと早く手に入れたいと思ったボクは、情報収集に励んだ。

すると、発売当日朝に再びAppleのサイトを覗くと、Apple storeだと当日受取り可能となっていたのだ。

ボクは注文済のものを一旦キャンセルして、Apple store受取で注文し直した。

 

結果、無事発売日当日に手に入れることができたのです。

 

ボクのタブレット遍歴

 

これまでボクは4台のiPadとamazon fire HD10を使ってきました。

初代iPad mini→iPad air→無印iPad→iPad air+amazon fire HD10

 

しかし2021年4月にiPad airを手放し、5月にfire HD10も手放したのです。

理由は、M1搭載のiPad proを手に入れたいからでした。

 

iPad airは特に不自由は感じなかったが、動画編集や写真編集にはやや物足りなかった。

amazon fire HD10は価格が安くお得感は抜群だが、iPadと比較すると全てにおいてスペック不足を感じた。

Google playを導入しAndroidタブレットとして使っていたものの、いかんせんメモリーが不足していていつもフリーズしてしまう。

もともとYouTubeとkindle専用機として購入したが、iPad pro1台の方が使い勝手がよいだろうと思い手放してしまった。

 

なぜiPad pro11インチではなく12.9インチを選んだのか

ボクが使用しているPCはthinkpad14インチだが、ネットサーフィンするときなどはiPad airではなくてthinkpadで見てしまう。

なぜなら画面が大きいからだ。

長時間ネットサーフィンや動画鑑賞するときは、自然とthinkpadを開いてしまう。

12.9インチであれば、わざわざthinkpadを使う必要もなくなるだろうと考えた。

またコロナ禍もあり、持ち運びは車移動の時だけなので、大きくても問題ないとの判断もあった。

もちろんmini LED液晶にも多少興味があった。

大きいは正義

結果、12.9インチにしたのは正解だった。

何といっても、画面が大きくしかもキレイだ。

ブログ執筆も今のところ何の不自由も無く作業出来ている。

現在仕事用途も含めて、ほとんどiPad proだけでこなせてしまっている。

イマイチなところ

思ったよりもバッテリー消費が多い。

朝7時ごろから様々な用途で使用していると、大抵午後1時あたりでバッテリー残量が20%を切ってしまう。

家で使用している分には問題ないが、外出時に使用するのであればモバイルバッテリーは必須だろう。

また、仕事用途でエクセル書類を編集する必要がある場合は、iPad proではシンドイ。

渋々thinkpadを使っている。

まとめ

約1ヶ月がたった今、ボクが感じているのは、『買って良かった』だ。

iPad Pro12.9インチには、様々な可能性が感じられる。

使っていて、とてもワクワクするデバイスだ。

休日には朝起きたらまずはiPad proを開く。

1日8時間以上使用している。

しばらくは、iPad proを使いこなすことに夢中になりそうだ。

 

最新情報をチェックしよう!